コルク専門店のオリジナル商品で、お悩みの解決方法をご提案いたします。

コルク屋本舗

法人・学校のお客様へ

店長ブログ

5%還元

店長ブログ

く、くっさい!!!


やそだ@社長です。
今日もかなり気温が上がりました。皆さんの地方はお天気いかがでしょうか。
アンモニアで消臭実験
今日、営業の帰りに買ってきました。
「アンモニア」です。
くっっっっさい!!
せきこんで、ひさしぶりにちょっと涙がでました・・・^^;
これは、光触媒の実験用に、ニオイの元を買わないと、と思い買ってきたものです。
これから、実験などに大活躍してくれる・・・はず?
アンモニアは、身近なところでは、いわゆる「おしっこ」のにおい。
それが無くなる光触媒なら、文句なしですよね!
これから、光触媒情報もちょくちょく掲載していきますよ!
お楽しみに。

One thought on “く、くっさい!!!

    • 新型暗所タイプ?光触媒

      新型チタニア触媒は、?高光触媒活性(100?500ナノ)と、?低活性型触媒ガラス透明性(1?50ナノ)の2種類で、T社グループ(藤島/本田効果と呼ばれている光触媒酸化チタン)が市場占有化しています。これに対抗して、?大阪のY社、S社等から無光型のリン酸チタニアが市場化しています。当社とは別ですが、通常の佐賀の光触媒酸化チタンは?と?の中間の効能であり、現在国内市場の現場施工タイプとして代理店等が多数を占めています。外壁の防汚等では評価が出ていますが、残念なことに室内の蛍光灯では、光触媒活性効果が出ないために業績が伸び悩んでいるのが現状です。従って、公知公開の光触媒酸化チタン・無光触媒リン酸化チタニアは、施工コストや用途・効能の明白なる使い分けがなされてなく、クレームが多発し、その上施工方法が複雑なためコストが高くなっています。
      このような原因を究明し、???の問題を解決した新型チタニア触媒(エコミィSOKEN型)が誕生しました。その大きな特徴は、施工が大変簡単になりました。塗布ムラがでなくなりました。専用機器から塗装業の機器カップガンでも対応できます。透水性基盤と撥水性基盤で溶剤の種類を分けています。塗布の仕方も現場状況で、溶剤の希釈率を変えることで、現場施工に対応できます。室内の減臭効果特に、トイレ臭等は、数時間で効果が出ます。蛍光灯・豆電球の灯りから無光の状態まで、活性力があります。従来の光触媒は、光輝性が出ませんが、ガラスからアクリル看板、ガラス透明性まで効果が出ます。但し、施工方法に工夫が必要です。機密保持契約と施工研修を受けられる際に開示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。