アイロンで貼るコルクシート 使い方【上級】 – コルクの豆知識 | コルク屋本舗

コルク専門店のオリジナル商品で、お悩みの解決方法をご提案いたします。

コルク屋本舗

法人・学校のお客様へ

店長ブログ

コルクの豆知識

アイロンで貼るコルクシート 使い方【上級】

アイロンで貼るコルクシート 使い方をご紹介します。

■ 市販のマウスにパワフルコルク0.6mmシートの貼り方を紹介します。 (中粒コルク/小粒コルクを使用)使用道具についてはアイロンで貼るコルクシート 使い方【初級】を参照してください。

アイロンで貼るコルクシート
完成したマウスですの紹介です。今から此のマウスの作り方を紹介します。
1. コルクを貼るマススを準備します。 紹介する方法の応用でいろんなマウスにに対応出来ます。

アイロンで貼るコルクシート
2. マウスを分解します。注意)マウス分解の説明は割愛します、分解に自信の無い方は行わないでください。(分解する前にコルクを貼る部分を決めてください)
3. マウスの表面の塗装を#180紙ヤスリで磨き、塗装を落とします、表面にキズを付けることで接着剤が密着しやすくなります。 注意)シリコン系のグリップは接着はできません。

アイロンで貼るコルクシート
4. 塗装を剥がしたマウスです。
5. ヘラに接着剤を適量付けます。ヘラの幅より少なめにします。コルクシートは貼るサイズより大きいサイズで 切ると作業が楽になります。

アイロンで貼るコルクシート
6. ヘラ面をコルクシートに均一に軽く押さえながら、45度ぐらいヘラを傾けてゆっくりボンドをコルクシートに塗ります。同じ場所の2度塗りする時はボンドをヘラに十分に付けてから塗ってください、少量で塗った場合ヘラとコルクが貼り付いてしまうことがあります。
7. 塗装を剥がした貼り付け面にボンドを塗ります。 (貼り付け面にボンドを伸ばします、厚紙などを使うときれいに塗れます)注意)貼り付け面にボンドを付けなくても貼り付く物もあります、接着の信頼性を上げるために両面塗りしています。

アイロンで貼るコルクシート
8. コルクシートをマウス貼り付け面に指で隙間なく密着させます。ポイント)ボンドを塗った面は1分~2分ほど乾かし、貼り付ける位置に合わせます。
9. 指で仮貼り後はアイロンでコルク面とマウス貼り付け面を熱着します。(アイロンの温度中温~高温で使用してください)

アイロンで貼るコルクシート
10. 貼り付ける端部からはみ出たコルクを少し残しながらハサミで切り取ります。(カッターでも代用は可能)。
11. コルクを切り取った端部をアイロンでを熱着します。

アイロンで貼るコルクシート
12. 余分なコルクをカッターできれいに切り取ります。(新しい刃の部分で少し寝かせながらゆっくり切り取ります)
13. 端部にはみ出たコルクは#180番の紙ヤスリでかるく整えます。(削り具合は突起部を削る程度にします)。

アイロンで貼るコルクシート
14. コルク面を#240の紙ヤスリで整え、次に周りを削りながら整えます。(一度に削るのではなく少しずつ全体的に削って表面を整えてください)。
15.(次にコルクを貼る面)塗装を剥がした貼り付け面にボンドを塗ります。 注意)マウスの表面にボンドを付けなくても貼り付く物もあります、接着の信頼性を上げるために両面塗りです。

アイロンで貼るコルクシート
16. 貼り付け面にボンドを伸ばします、厚紙などを使うときれいに塗れます。
17. コルクシートをマウス貼り付け面に指で隙間なく密着させます。ポイント)ボンドを塗った面は1分~2分ほど乾かし、貼り付ける位置に合わせます。

アイロンで貼るコルクシート
18. 指で仮貼り後はアイロンでコルク面とマウス貼り付け面を熱着します。(アイロンの温度中温~高温で使用してください)
19. 貼り付ける端部からはみ出たコルクを少し残しながらハサミで切り取ります。(カッターでも代用は可能)。

アイロンで貼るコルクシート
20. コルクを切り取った端部をアイロンでを熱着します。
21. 端部にはみ出たコルクは#180番の紙ヤスリでかるく整えます。(削り具合は突起部を削る程度にします)

アイロンで貼るコルクシート
22. 端部にはみ出たコルクは#180番の紙ヤスリでかるく整えます。(削り具合は突起部を削る程度にします)
23. コルク面を#240の紙ヤスリで整え、次に周りを削りながら整えます。(一度に削るのではなく少しずつ全体的に削って表面を整えてください)。

アイロンで貼るコルクシート
24. 削り取ったコルク屑は刷毛などを使いきれいに掃除をしてください。
25. コルクを貼り終えたマウス部品です。コルクを貼った厚み分可動部の動きが悪くなる場合があります。・ #240の紙ヤスリで削りながら可動の確認しながら組み立ててください。 ・ 組み付けネジのあそびを調整しながら組み付けてください。