パワフルコルクの性能試験(キャスター試験) – コルクの豆知識 | コルク屋本舗

コルク専門店のオリジナル商品で、お悩みの解決方法をご提案いたします。

コルク屋本舗

法人・学校のお客様へ

店長ブログ

コルクの豆知識

パワフルコルクの性能試験(キャスター試験)

キャスター付き事務椅子でコルクマットのへこみ試験を行いました。
※「ニューコルク」とは、パワフルコルクの前身のブランド名です。

試験方法

  • 市販の事務椅子(5股、双輪タイプキャスター) 約9kg
  • 各キャスターに均等荷重が働いているとして、1箇所のキャスターの沈みこむ深さを計測
  • 男性被験者A 体重約75kg  
  • 女性被験者B 体重約47kg
  • 体重をかけて椅子に座り、沈み込みの量を計測します。

この寸法差が少ないほど、コルクマットの沈み込む深さ(へこみ)が少ないことになります。

実験の様子
キャスターの沈み込み試験

  1. 実験(ニューコルク + 被験者B女性)
  2.   ニューコルクのコルクマットを敷いて、被験者Bが事務椅子に座る。
    キャスターへこみ試験 被験者B
    上写真: 0.8mmの凹みは、大人の男性がコルクマットの上を歩く時に近い数字だと思います。
    人間の足裏表皮が柔かいため、コルクマットの表面に面加重として力を分散する傾向があります。

  3. 実験(従来コルク + 被験者B女性)
  4.  従来のコルクマットを敷いて、被験者Bが事務椅子に座る。(総合計56kg)
    キャスターへこみ試験

  5. 実験(ニューコルク + 被験者A男性)
  6. ニューコルクのコルクマットを敷いて、被験者Aが事務椅子に座る。(総合計85kg)
    キャスターへこみ試験

  7. 実験(従来コルク + 被験者A男性)
  8. 従来コルクマットを敷いて、被験者Aが事務椅子に座る。(総合計85kg)
    キャスターのへこみ試験
    上写真: 写真ではわかりづらいですが、85kgの荷重が働いたコルクマットに亀裂が入りました。
    この動作のくり返しにより、コルクがボロボロと剥がれることにつながります。

    考察

    • 小学生や女性の体重なら、へこみは気にならない程度でおさまる事がわかりました。
    • 体重や使用イメージで不安がある場合は、無垢のコルクマットを使ったほうが安心できそうです。
    • 普通のコルクマットは、ニューコルクマットの約2倍の沈みこみが確認できました。