コルク専門店のオリジナル商品で、お悩みの解決方法をご提案いたします。

コルク屋本舗

法人・学校のお客様へ

店長ブログ

店長ブログ

コルクお風呂マット少し変わります。

Share on LinkedIn
LINEで送る

コルクお風呂マットを使用後にフック引き掛けているとお風呂マットの穴部分が変形していきます。
使いやすくなったが、引き掛け穴が変形してきたとお客様からの声も頂きました。
穴変形の問題を解決する為に実証実験を行いました。

コルク風呂マット
写真:6ヶ月ぐらい使用のお風呂マットの穴部分です。

穴を補強するパーツををいくつか検討し、最終的に残ったのが今回紹介するハトメの補強でした。
■ 対策
現在の穴部分にステンレス製のハトメで補強して耐えれるか実験しました。
ハトメはさびに強いステンレス(SUS304)を使用しています。

■ 試験方法

  • コルク風呂マットの重さは約900gあり、約1.8倍(約1.6Kg)の重さを引き掛け穴部分に集中させています。
  • 違いを比べるために、ハトメ補強のある穴と、補強無い穴を同一条件で比べます。
  • 直径3mmの接触面積の少ないフックを使用して、穴への負荷を多くしています。
  • お風呂場の近い環境を作る為に、水を入れた容器に試験サンプルを引っ掛け上からビニール袋をかぶせる。(定期的に水の補給以外は放置)
  • 実験期間 2017年3月10日~6月15日 3ヶ月間 日当たりの良い南向きの屋外に放置。

コルク風呂マット暴露試験
写真: 屋外暴露試験の開始

コルク風呂マット暴露試験
写真: 屋外暴露試験の終了

コルク風呂マット暴露試験
写真: 引き掛け穴の状況です。

■ 結果
ハトメ補強のある穴:ハトメ本体、ハトメ縁部分の破損変形ありません。(さびも出ていません)
補強無い穴:直径3mmのフックに引張られで変形しています。

ハトメで補強する事で引き掛け穴部分の耐久性が実証できました。

実際の販売は11月中旬を検討しています。価格は若干上がります。