コルク専門店のオリジナル商品で、お悩みの解決方法をご提案いたします。

コルク屋本舗

法人・学校のお客様へ

店長ブログ

店長ブログ

コルクボードのコルク、小粒と大粒はどうちがう?

Share on LinkedIn
LINEで送る

おかげさまで、特注コルクボードのご注文が混雑してきました。
お引越し、新入学シーズンだからでしょうか^^
先日リニューアルした特注コルクボードの「コルクの種類」について、よくお尋ねいただくので比較してみることにしました。
(これはお客様からのご意見も含みますが、私の主観も含みます)
コルクシート 粒度のちがい


先日、当店の特注コルクボードに「小粒」タイプを追加しました。
従来の大粒コルクを中止したわけではありませんので、ご安心くださいね。
まず、大粒コルクの特徴から。
コルクボード表面の大粒コルク
・粒の大きさは5mm程度あります。
・粒が大きいため、粒と粒の間が少しすき間があることがあります。
・印象はかなりコルクっぽさがあり、コルクのナチュラル感が前面に出る感じ。
・実際、他店様ではほとんどボード素材としては取り扱っていないと思います。
次に、小粒コルクの特徴
コルクボード表面の小粒コルク

  • 粒の大きさがそろっていて、全体に均一感があります。
  • 大粒コルクがナチュラル感なら、小粒は上品な感じがします。
  • 当店の小粒コルクは砂っぽさがなく、コルクの粒はきちんと感じることができます。
  • 小粒コルクのほうが安価にご提供できます。

あまりコルクが主張してほしくない場合は、小粒コルクがいいかもしれません。
逆に、コルクも一種のインテリアとして質感をお楽しみになる場合は大粒がおすすめでしょうか。

なお、3月4日から随時出荷する特注コルクボードは、スケジュールがかなりタイトですので、少し余裕を見てお申し込みをご検討ください。
枠付きタイプの特注コルクボード・枠なしタイプの特注コルクボード